マガジンのカバー画像

ZIPAIR 挑戦の舞台裏

17
サービスクオリティとコストバリューの両立における取り組みの舞台裏紹介やZIPAIRのビジョンを発信していきます。
運営しているクリエイター

#ジップエア

地上でできることを空の上でも。LCC初のセルフオーダーシステム導入の舞台裏。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 機内でスマートフォンやタブレットから軽食や機内販売…

3か月前

逆境をチャンスに変えて“今できること”を。「太平洋を渡る、世界初のLCC」を目指すZ…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 2020年、エアラインとして異例の貨物便というスタート…

3か月前

デザイナーの経験を活かしてさまざまなツールを制作。~客室乗務員のNEW BASICなワー…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 客室乗務員の多様な働き方に迫る本シリーズ第3回は、SN…

4か月前

日常やフライトで得た気づきをもとにSDGsに取り組む。~客室乗務員のNEW BASICなワー…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 これまでにnoteではSDGsのさまざまな取り組みをご紹介…

6か月前

壮大な目標達成への道も小さな一歩から。ZIPAIRにおけるSDGsの取り組みと2030年に目指…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す「持続可…

6か月前

多様化が進む時代を見据えた制服製作・後編

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 “時代の先を飛ぶ、エアラインへ。”と掲げるZIPAIRら…

7か月前

多様化が進む時代を見据えた制服製作・前編

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 2019年に行われたZIPAIRの機体デザイン発表会。そこでお披露目した、スタッフが独自に組み合わせを楽しめる制服とスニーカーの採用が、航空業界の制服における新たな試みとして大きな話題を集めました。 客室乗務員がカウンター業務など地上職員として働くZIPAIRにおいて、業務内容に合わせて制服を選べる「着回し」というコンセプトは理にかなっていると言えますが、どのようにしてその考えに至ったのでしょうか。 そこで今回は、制服製作

スキ
22

飛行機も公共交通機関として気軽に乗っていただきたい。「U6」サービスが描く海外家族…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 ZIPAIRでは、お子さま連れのお客さまに“思い出に残る…

7か月前

フードコーディネーターの資格を活かして機内食の撮影も担当。~客室乗務員のNEW BASI…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 働き方の多様化に注目が集まっている昨今、ZIPAIRでも…

8か月前

誰もが気軽に利用できる存在に。「ZIPAIR Point Club」開発に込めた…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 ZIPAIRでは、4月1日より会員サービス「ZIPAIR Point Cl…

9か月前

複雑なシステムをどうシンプルに表現するのか。チームラボとのWebサイト開発模様。(W…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 前編では、 “体感時間が短くなる”Webサイトのコンセ…

10か月前

チームラボとタッグを組んで実現した“体感時間が短くなる”Webサイトとは?(Webサイ…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 ZIPAIRではデジタルコンテンツ開発を行う「チームラボ(…

10か月前

機内設備の配置に秘密がある!? コストを抑えながら快適な座席スペースを確保するまで…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 以前の記事で、コストを下げるためのさまざまな工夫を…

11か月前

美味しいだけでなく、地球にやさしい機内食を目指して。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 機内食について、先日はメニュー開発の裏側をご紹介しましたが、今回は機内食におけるSDGs[*1]の取り組みについて企画マーケティング部の太田 萌に話を聞きました。 SDGsとは、2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標のことで、アメニティグッズをはじめZIPAIRでもさまざまな取り組みをスタートしていますが、実は機内食の食材や容器、スプーンやフォークなどのカトラリーにもその観点を取り入れています。 プロフィー

スキ
177