マガジンのカバー画像

ZIPAIR 挑戦の舞台裏

26
サービスクオリティとコストバリューの両立における取り組みの舞台裏紹介やZIPAIRのビジョンを発信していきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

ZIPAIRとエムティーアイの挑戦 ー "IN FLIGHT モード"が切り拓く安全で快適な空の旅

飛行機に乗ったとき、窓の外に広がる雲海を眺めるのが好きな人は多いのではないでしょうか。し…

ZIPAIRTokyo
2週間前
38

空を舞う ”女性活躍支援のメッセージ” "Girls Be Ambitious" 特別塗装機が繋ぐ未来

空の旅は、ただ移動するだけではありません。 新しい発見と出会いが、飛行機の中でさえも待ち…

ZIPAIRTokyo
1か月前
57

カーボンニュートラルの実現に向けて。ZIPAIRの新たな挑戦とは。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 ZIPAIRはサステナブルな社会を目指して、就航当初より…

ZIPAIRTokyo
10か月前
80

東京(成田)=サンノゼ線、まもなく就航!なぜ、サンノゼを就航地に選んだのか担当者…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 いよいよ2022年12月12日にアメリカ・サンノゼへ就航す…

ZIPAIRTokyo
1年前
61

常に変化に適応していくために。ZIPAIRの新たな挑戦「サーキュラーフード」導入の舞台…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 ZIPAIRはSDGsの達成に向けて、「2030年1機まるごとSDG…

ZIPAIRTokyo
1年前
58

客室乗務員のサービスに求められている視点とスキル向上のための取り組みとは。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 ZIPAIRでは、お客さまが機内で快適に自分らしく過ごし…

ZIPAIRTokyo
1年前
91

スタッフたちのリアルな言葉から見えてきたZIPAIRの社風とは。(ZIPAIRらしさを紐解く・後編)

こんにちは。ZIPAIR note編集部のNanamiです。 前編では、ZIPAIRで掲げている3つの心構えと、運航乗務員とOSATスタッフの声をご紹介してきました。後編では、総務スタッフと客室乗務員に働くなかで感じている会社の雰囲気を聞きます! そして最後には、仲間たちの話を聞いて実感したZIPAIRの社風をお伝えします。 総務・丸山「互いに壁をつくらないことで、活気と笑顔のある職場になっている」 プロフィール/丸山倫明 2020年6月に入社。福利厚生の受付や登録、

note編集部員がスタッフたちに聞いてみた! ZIPAIRってどんな会社?(ZIPAIRらしさを…

こんにちは。ZIPAIR note編集部のNanamiです。 これまでにさまざまな記事をお届けしてきまし…

ZIPAIRTokyo
1年前
77

エアラインらしくないものまで販売する「ZIPAIR Online Shop」。その世界観とは。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 2022年3月9日にオープンしたオンラインショップ「ZIPAI…

ZIPAIRTokyo
1年前
62

地上でできることを空の上でも。LCC初のセルフオーダーシステム導入の舞台裏。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 機内でスマートフォンやタブレットから軽食や機内販売…

ZIPAIRTokyo
2年前
35

逆境をチャンスに変えて“今できること”を。「太平洋を渡る、世界初のLCC」を目指すZ…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 2020年、エアラインとして異例の貨物便というスタート…

ZIPAIRTokyo
2年前
61

デザイナーの経験を活かしてさまざまなツールを制作。~客室乗務員のNEW BASICなワー…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 客室乗務員の多様な働き方に迫る本シリーズ第3回は、SN…

ZIPAIRTokyo
2年前
63

日常やフライトで得た気づきをもとにSDGsに取り組む。~客室乗務員のNEW BASICなワー…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 これまでにnoteではSDGsのさまざまな取り組みをご紹介…

ZIPAIRTokyo
2年前
57

壮大な目標達成への道も小さな一歩から。ZIPAIRにおけるSDGsの取り組みと2030年に目指す姿とは。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」。17のゴールに向けて世界各国や企業でさまざまな取り組みが行われています。 ZIPAIRでもこれまでにご紹介してきたように、機内食やアメニティにおいて取り組んでいるものがありますが、その背景には「2030年1機まるごとSDGsフライト」という大きな目標があります。 SDGsに対してどのように考え、実現に向けてどう取り組んできたのか、そしてこれか