〈和食・洋食編〉全29種類のメニューを紹介!機内食に込めた想いとは?
見出し画像

〈和食・洋食編〉全29種類のメニューを紹介!機内食に込めた想いとは?

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。

作られた背景を知ることでその料理をなんだか身近に感じる……。そんな経験ってありませんか?

私たちの機内食も、メニューのラインナップだけでなく「こんな考えで作っているんだ」と知っていただき、皆さんにそう感じてもらえたらと思っています。

そこで今回は、和食・洋食・ハラル・デザートの4カテゴリーごとにメニューを紹介するとともに、コンセプトや開発秘話をお伝えいたします。

お話しするのは、前回登場した企画マーケティング部の太田 萌です。それでは太田さん、よろしくお願いします!

画像1

【和食編】和食への恋しさを埋めてくれる本格的な味わい。

こんにちは。機内食の開発担当をしている太田です。今回は皆さんに機内食の全メニューをご紹介していきます。

まずは和食メニューですが、こちらはホノルル、バンコク、仁川の3路線すべてでご用意しています。(*1)

海外から帰ってくる便で和食が恋しくなるのはもちろんなのですが、私は海外旅行をする際に、空港で和食の食べ納めをしています。海外旅行へのワクワクと和食への恋しさって常にセットで共存しているような気がするんです。

そこで「機内でも本格的な和食が食べられたらな」との思いで和食開発にあたりました。また、海外のお客さまのお口にも合うような和食をチョイスしたのもポイントです。

前編_01

【右】さっぱりヘルシーいくらおろし蕎麦
麺つゆは、千葉県産のしょうゆを使用し独自に調整しております。重くなくサッパリ食べられる本格蕎麦ですので、バンコク線の深夜便などでおすすめです。

【左】彩鮮やか鮭ご飯のちらし寿司
ZIPAIRでは、環境への負荷を考慮した紙製の白い機内食容器を使用しております。白い容器でも映えるよう、彩り鮮やかな食材をふんだんに使用しました。見映えだけでなく、美味しさも兼ね備えた一皿です。いくらのぷちぷちとした食感と、レンコンのしゃきしゃきとした歯ごたえをお楽しみください。

前編_02

【右】千葉県産”元気豚”のヒレカツ丼
ZIPAIRのホームである千葉県の「元気豚」を使用した分厚いヒレカツが贅沢にも2つ入った、満腹必須の一品に仕上がっています。ふわふわの玉子とじとも絶妙にマッチしたヒレカツ丼です。

【左】国産うなぎのふっくら鰻丼
“成田といえばうなぎ“って皆さんご存じでしたか?ZIPAIRの機内食では国産のうなぎを贅沢に2枚使用しています。付け合わせなどは一切つけず、うなぎの味をシンプルに存分に楽しんでいただきたいとこだわり抜いた一品です。


【洋食編】目指したのは口に入れるとほっこりする味。

私が今まで食べた“美味しい洋食”を思い浮かべると、どれも作り手の手が込んでいて、口に入れた瞬間に美味しさや温かさがふわ〜っと体を駆け巡り、ほっとするような感覚になります。そんなほっこりする気持ちを機内食でも表現できたらと思い、洋食の開発にあたりました。 

まずは3路線共通メニューからご紹介します。(*1)

前編_03

【右】スパイス香るZIPカレー
ZIPAIR社員一番人気といっても過言ではない、本格派スパイスカレーです!じっくり炒めたオニオンにビーフ、そしてガラムマサラやクミンなどの数種類のスパイスを入れて煮込んだスパイシーな味わいとなっております。

【左】アメリケーヌ&デミグラスソースのふわとろオムライス
味がしっかりしているので食べ応えのある一品です。1食で2種類の味を楽しめたらなという思いから生まれました。

前編_04

【右】やわらか霜降り和牛のZIPカレー
機内で温めた際に霜降り和牛が硬くならないよう、工場では絶妙な火加減とタイミングで仕上げています。

【左】ボリューム満点 三元豚のカツサンド
三元豚のロースを使用した、メニュー名のとおりボリューム満点のカツサンド。味はもちろん、ワンハンドで食べられるので、運航乗務員にも人気があります。

前編_05

【右】お空で食べるお子さまボックス
見た目、味ともにお子さまが喜ぶポイントを押さえたボックスです。ハンバーグを割るとチーズが中からとろりと流れ出てきます。メニューを決定する際に、満場一致で採用になったほどの美味しさです。お子さまでなくともオーダーが可能で、客室乗務員人気の高いメニューです。

【左】ブーケサンドとバナナマフィン
スモークサーモンや海老など具材がたくさんつまったブーケサンド。バナナマフィンはしっかりとバナナが練り込んであり、口に入れた瞬間にバナナが香ります。バナナ好きにはたまらない一品です。

前編_06

【右】広げて楽しむ 13 品目のサラダ
野菜スティックをイメージして13品目の野菜を盛り込んだサラダです。広げるとお皿になり、目で楽しむことも大切にしています。もちろん環境への負荷を考慮した紙素材となっており、器の選定もこだわり抜きました。

【左】海老カツと厚焼きたまごのボリューミーサンド
手に取ったときから “ボリューミー”と感じていただくため、具材の厚みにも工夫をしました。2種類の味を楽しむことができるので、飽きずに最後まで召し上がれます。


【洋食(ホノルル線限定)編】路線の特徴を生かしたメニューを機内で!

ホノルル線では出発地により選べるメニューが異なり、成田発ホノルル行の限定メニューは “フライトからホノルル気分になれるような機内食”というテーマのもと、開発を行いました。

また、一般的に機内で食べられるお酒のおつまみは乾き物が多いイメージですが、ZIPAIRでは“お気に入りのお店や自宅でお酒を楽しむ時間”を機内でも感じていただきたいとの思いから、おつまみメニューの開発にも力を入れています。

前編_07

【右】香味ガーリックシュリンプ
「夜発のフライトの楽しみは機内で軽く飲むアルコール!」という方々に楽しんでいただきたく考案しました。居酒屋でよくあるスピードメニューのようなスタイルで、お待たせすることなくすぐに提供できるよう温めなくても美味しいように仕上げています。

【左】ハワイアンロール
断面の美しさを意識し、スモークサーモン、クリームチーズ、アボカドなど5種類の具材を酢飯と玉子でクルクルと巻きました。見た目も味も楽しい一品です。

前編_08

【右】ポークむすび
2個セットで販売しており、味はもちろんですが、1つずつラップでくるんで個包装にして食べやすさにもこだわり抜きました。

【左】とろ~り半熟卵のせポケ
半熟卵を割る時はなんだか幸せな気分になる私としては、この卵も見事に黄身がとろっとしていてたまりません!しっかり濃い味のポケと絡み合うおつまみメニューです。

前編_09

Kid's ロコモコ
ロコモコはホノルルの定番料理の1つですが、ZIPAIRでは、からあげやウインナーなどお子さまが好きな食材もたっぷり詰めてお子さま向けにアレンジしています。長いフライトでちょっとお疲れのお子さまにも箱を開けた瞬間に笑顔になってもらえるよう考案しました。


次に、ホノルル発成田行の限定メニューです。

こちらはホノルル現地のケータリング会社に依頼し、日本人の口にも合うようなメニューを開発いただきました。

前編_10

【右】鶏もも肉のグリル レモンガーリッククリーム添え
大きめのグリルチキンが印象的な一品です。ZIPAIRではカトラリーにナイフをご用意していないので、チキンを8つにカットし、食べやすい大きさにしております。

【左】ほうれん草とクリームソースのチーズラビオリ
チーズラビオリにほうれん草とレモンのクリームソース、トマトソースをのせており、最後にパルメザンチーズをかけ、機内のスチームオーブンで温めて美味しく仕上げます。

前編_11

【右】Wチーズがけミートボールトマトソース
ミートボールをトマトソースで煮込み、モッツァレラチーズとパルメザンチーズをかけたチーズが香るメニューです。

【左】ハヤシライス
ごろごろとした歯ごたえのある牛肉とターメリックライスが抜群に合う定番のハヤシライスです。

前編_12

豚肉のマッシュルームクリームソース
マッシュルーム、しいたけ、大きめの豚肉を煮込んだ濃厚なクリームソースに、さっぱりとしたケチャップライスを添えることにより相性の良いメニューに仕上げております。


次回は、ハラルメニューとデザートについてご紹介しますので、お楽しみに!


*1:ホノルル線は、成田発ホノルル行のみでの提供となります。
詳しくはZIPAIRの公式Webサイトよりご確認ください。
ZIPAIR公式Webサイト:
https://www.zipair.net/ja/service/meal



この記事が参加している募集

私の仕事

スキありがとうございます。よろしければフォローもお願いします!
2020年に誕生したJALグループの新しいエアライン「ZIPAIR(ジップエア)」の公式noteです。航空業界の常識に縛られない挑戦の裏側などを発信していきます。【ソーシャルメディア利用規約】https://bit.ly/3m8Ygn2