見出し画像

休息アイテムと現地のサービスを活用してアクティブな旅を! ~#快適な旅づくりのコツ #06~

ZIPAIRTokyo

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。

「快適な旅づくりのコツ」連載第6回では、プライベートでも旅行が大好きな運航乗務員の皆川幸隆さんが旅で役立つコツをご紹介します。

宿泊先で十分な休息をとるために必ず持って行くというアイテムとは?

***

はじめまして! 運航乗務員の皆川です。私はカラダを動かすことが好きなので、旅行先ではハイキングや散歩、サイクリングをするのを楽しみにしています。

そんな私の渡航先で快適に過ごすためのコツは“シッカリ休む”です。プライベートの旅行では目的地で元気に遊ぶために、業務でステイするときにはその後のフライトに疲れを引きずらないために、休める時にシッカリ休むことが大事だと思っています。

今回は、シッカリ休むためのアイテムと旅行先で楽しむための情報をご紹介します。

(1)リラックスするのに欠かせないワイヤレスイヤホン!
ワイヤレスで使用できて便利なBluetooth イヤホンです。持ち歩くときにかさばらないうえに好きな音楽を聴けるので、旅行先でのリラックスタイムの必需品になっています。

なかでもこのAirPods Proはノイズキャンセル機能がついていて、そこが気に入っているポイントです! 想像していたより外の音が静かになって宿泊先でもゆっくり休めますよ。

image4 _加工


(2)パジャマ持参で体調管理も万全に。
長袖・長ズボンのパジャマは私のマストアイテムといっても過言ではありません。

宿泊先の部屋は乾燥していたり、冷房の調節が難しかったりする(付いていると寒く、消すと蒸し暑い)ことがあります。例えば、南国だからと用意されている薄手のパジャマで寝てしまうと体調を崩すことがあるので、季節や行き先に関わらず必ず持って行きます。

特に、軽やかな着心地で脱ぎ着するのも楽なものがお気に入りです。

image3 _加工


(3)レンタルサイクルやレンタルキックボードで観光地を軽快に移動!
観光地には、短時間だけ使えてお手頃な利用料金で楽しめるレンタルサイクルやレンタルキックボードなどがあります。

例えばハワイのレンタルサイクル「biki」の場合、30分4.5ドル+税、24時間12ドル+税(30分に一度はドックに返却)です。自転車が置かれている「bikiストップ」は街中に何ヵ所もあって、最初のドックの精算機でクレジットカードを使用してプランを選択します。プランを選択するとパスワードの数字が発行され、それでドックのロックを外し出発!という感じです。

普段はタクシーやバスを使ったり、歩くとちょっと遠いかなと思えたりするところ(アラモアナセンターやダイヤモンドヘッドなど)までさーっと移動できて楽しいですよ。

image2 _加工

***

ZIPAIRが使用する飛行機はボーイング787型機という、ほかの飛行機に比べて機内の酸素が濃く、客室内が静かなことが特徴です。私も業務時にその快適性や疲れにくさを実感しています。

フライト時にはお客さまに“シッカリ休んで”いただけるフライトをご提供できるよう、いつも心掛けています。ご搭乗の際はZIPAIRで快適な空の旅をお楽しみいただけましたら幸いです。


記事下設定画像_尾翼変更0621


この記事が参加している募集

買ってよかったもの

私のイチオシ

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

ZIPAIRの最新情報をTwitterで配信中!      客室乗務員たちがつぶやきます♪

ZIPAIRTokyo
2020年に誕生したJALグループの新しいエアライン「ZIPAIR(ジップエア)」の公式noteです。航空業界の常識に縛られない挑戦の裏側などを発信していきます。【ソーシャルメディア利用規約】https://bit.ly/3bw1Cjj