見出し画像

機内設備の配置に秘密がある!? コストを抑えながら快適な座席スペースを確保するまで。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。

以前の記事で、コストを下げるためのさまざまな工夫をお伝えしました。皆さんが気になるのは、「料金は安いけれど本当に機内は快適なのか」という点ではないでしょうか。そこで今回も引き続き企画マーケティング部の太田裕司に、フルサービスキャリアと遜色ないシートピッチを確保するためにどのように取り組んだのかを聞きました。

“フルサービスキャリアに比べて、LCCは料金が安いから座席は狭い”。皆さんの常識、そして空の常識をくつがえすために、ZIPAIRは挑戦し続けています。

画像1

プロフィール/太田裕司
2003年JAL(日本航空)に入社後、運航管理・オペレーション業務を経験し、その後、運航安全推進部や財務部、経営戦略部に所属。現在はZIPAIR Tokyoにて新事業戦略業務に取り組み、エアライン部門のコスト構造を検証・分析している。

緻密な計算に基づいた工夫を1つ1つ積み重ねていく。

―座席数はどのようにして増やしたのでしょうか。

ZIPAIRに現在2機ある機体は、JALが使用していた最新鋭のボーイング787-8型機を改修してZIPAIR仕様としています。改修にあたっては「どうすればお客さまに安い運賃を提供しながらフルサービスキャリアと同等の快適な空間を作り出せるか」を考え、技術部門の方を含めたくさんのスタッフと何度もやりとりをし、納得いくまで話し合いました。

1席あたりの運賃を安くするためには座席数を確保することが必要となるのですが、大前提としてLCCだからといってシートピッチ(シートの前後間隔)を狭くしてまで座席数を増やすということは考えませんでした。「ではどうやって増やそうか」と考えたときに注目したのが、以前もお話ししたように、ギャレー(厨房設備)の配置を工夫してそのスペースを活用することです。

ギャレーとは機内食を搭載し調理するスペースですが、フルサービスキャリアとなると、お客さま全員の食事に加えて軽食や飲み物を用意するので、実は相当なスペースを必要とします。

ZIPAIRでは、機内食をご希望のお客さまに搭乗前の事前オーダーシステムなどを通じて販売するシステムとしているため、お食事を召し上がらないお客さまもいらっしゃいます。ですのでお客さまの人数×食事回数分のお食事を常に搭載することはありませんし、フルサービスキャリアのようにトレーにさまざまな食事を乗せて提供することもないので、食事を乗せるカートの本数を減らすことができます。

「カートは何本あれば十分なのか」「それを収納するギャレーのスペースはどれぐらい確保しておけばよいのか」というような計算を地道に行い、ギャレーの削減に至りました。

―ラバトリー(化粧室)の配置にも工夫があるそうですね。

そうなんです。最前方に1ヵ所、ZIP Full-Flat(ジップ フルフラット)とStandard(スタンダード)の間に4ヵ所、最後方に2ヵ所で、合計7ヵ所設置しています。

座席数を最大限確保できる配置を考えながら、ラバトリーをギャレーの一部に埋め込んだり、集中配置とすることで無駄なスペースを作り出さないようにまとめました。座席数あたりのラバトリーの設置数についてもフルサービスキャリアと同等の水準としています。

LCCでは世界初の温水洗浄機能付き便座ウォシュレット(*1)を装着したトイレも3ヵ所用意していますが、実は装着できる箇所とそうでない箇所があり、技術部門の方と調整を重ねたうえで装着しています。

画像3


座席数を増やしながら長時間のフライトでも快適な空間を実現。

―座席の並びもJALとは異なるんですね。

JALでは一列あたり2-4-2席という非常に余裕のある配置だったエコノミークラス席(ZIPAIRではStandard座席)の並びを標準的な3-3-3席配置に変更しています。前述したギャレーの削減やラバトリーの配置とあわせて、JALでは約200席のところをZIPAIRでは約1.5倍の290席(ZIP Full-Flat18席、Standard272席)にまで確保しました。

シートピッチについてもフルサービスキャリアで広く採用されている31インチ(約79cm)、座席幅は17インチ(約43cm)と、LCCであっても快適な居住空間を確保できるような設計にしています。

画像4

いろいろ紆余曲折しましたが、1つ1つ計算を重ねた結果、LCCとは思えないほどの理想的な機内空間をカタチにできたと思っています。

皆さんが乗っていただくときには、ちょっとでもこんなエピソードを思い出してもらえるとうれしいですね。

画像5


*1:ウォシュレットはTOTOの登録商標です。

この記事が参加している募集

私の仕事

ありがとうございます!
フルサービスキャリアでも既存のLCCでもない「NEW BASIC」を目指すエアライン、ZIPAIR(ジップエア)の公式noteです。航空業界の常識に縛られない取り組みなどをお伝えしていきます。【ソーシャルメディア利用規約】https://bit.ly/3m8Ygn2