新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

快適に使っていただくために。機内サービスや社内環境をデジタル面からサポート。~#空の仕事人 #02~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。

スタッフたちが自らの仕事を紹介しながら、そこに懸ける想いを語る連載「空の仕事人」。

第2回は、客室乗務員の川上大志郎さんです。ZIPAIRの客室乗務員ならではの多岐にわたる働き方とともに、就航までとこれからへの想いをお話しします。

***

こんにちは。客室乗務員の川上です。ネームバッジはTAISHIROです。(ZIPAIRの客室乗務員はネームバッジの表記が自由となっており、苗字や名前のほか、日本人でJasmineなど外国語名を採用している方も多く、非常にユニークなシステムになっております。ご搭乗の際にはぜひチェックしてみてください!)

ZIPAIRでは客室乗務員のことを「Z_ONE(ゾーン)」と呼んでいます。「Z_ONE」とは、ZIPAIRの「Z_」に「一人一人」を意味する「ONE」を組み合わせた造語で、客室乗務員としてだけではなく空港旅客業務や広報など複数の業務を担当し、幅広い分野で活躍する社員のことを指します。

私の場合は客室乗務員の業務に加え、機内サービスに必要不可欠なアプリケーションのサポートと、企画マーケティング部でペーパーレス化の促進をメインで担当しております。

社用PCサーバー(セルフオーダーシステムのサポート) _加工

客室乗務員は機内販売のオーダーに加え、お客さま情報や事前予約商品、商品の在庫数まで1つのアプリケーション(通称クルーアプリ)で管理しているのですが、私はサーバーチームの一員として、そのアプリケーションの管理やトラブルシューティングを行っています。

導入したばかりのシステムですので、トラブルが時折発生することもあるかもしれません。お客さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、都度トラブルシューティングと改修を重ね、お客さまが快適にご利用いただけるよう邁進してまいります。不便な点があればお気軽に客室乗務員にお知らせください。

業務で使用するアプリの管理

ペーパーレス化の促進にまつわる業務では、デジタルサイネージの導入をメインで担当しており、紙の掲示物の削減や情報へのアクセシビリティの向上を図っています。

私自身もSDGsを日々意識しており、公私共に大好きなApple製品を駆使しスケジュール管理やメモ、資料管理など行い紙媒体は一掃しました。今まで紙が溢れ整理が難しかったのですが、ペーパーレスにすることによりスッキリと情報整理ができ、業務効率が格段にUPしたので、皆さまもぜひペーパーレス化を始めてみませんか。

私物のマストアイテム2_加工

***

私は、前社は日本国内のエアラインで約7年間客室乗務員として勤めてまいりましたが、「国際線に乗務したい」という昔からの憧れが忘れられず、思い切って転職を決意し、経験者採用で1期生として入社いたしました。

色々兼務するとは伺っていたものの客室乗務員はフライトメインだろうと思っていたのですが、1年少々経過し自身の現状を見つめ直してみると驚くほどに地上業務も兼務させていただいており、「他社では経験できない充実した面白い働き方ができているな」と改めて実感させられます。

突然の新型コロナウイルス感染症拡大で初就航が延期となり、会社が存続できるのか、お客さまをお出迎えできる日が本当にやってくるのか、不安が積もる長い5ヶ月でした。しかし、その日は実際にやってきました。2名でしたがお客さまがZIPAIRにご搭乗くださいました。諦めず、逆風に負けず社長を筆頭に全員で頑張ってきて本当に良かったです。

現在もフライトやお客さまは少なく、機内が閑散としており寂しい気持ちもありますが1名でもお客さまがいらっしゃれば私たちのやることは何も変わりません。安全に、快適にお客さまを目的地にお送りするため尽くすのみです。いつか新型コロナウイルス感染症が収束し人の往来が戻ってきた暁には、たくさんのお客さまで機内がにぎわうことを楽しみにしております。

そんな未来を信じてこれからも逆風の中を全力で突っ走りTake Off!

thumbnail_Image (1) _加工


この記事が参加している募集

私の仕事

次回の投稿もお楽しみに!
フルサービスキャリアでも既存のLCCでもない「NEW BASIC」を目指すエアライン、ZIPAIR(ジップエア)の公式noteです。航空業界の常識に縛られない取り組みなどをお伝えしていきます。【ソーシャルメディア利用規約】https://bit.ly/3m8Ygn2