新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ハワイ渡航について解説!出発から帰国までの、検査や自主隔離のルールとは?

<この記事は2020年11月20日に掲載した内容を2021年5月25日に更新したものです。新たなアップデート等は記事中のリンク先等をご確認ください。>

こんにちは。ZIPAIR note編集部のShizukuです。

7月21日(水)に東京(成田)-ホノルル線の復便を予定しており、航空券を先日から販売開始いたしました!

実際にハワイへの渡航を考えるにあたって、出国前には何が必要か、現地に着いたらどんな対応が必要なのか、帰国後にも手続きが必要なのか、など不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでハワイへの入国・日本への帰国に際して必要なことをお伝えいたします。

画像1

【出発前】Webサイトへの登録と陰性証明書・宣誓書の準備、ESTAの取得

現在、ハワイへの渡航は可能ですが入島制限がされており、ESTAの取得等といった平常時の渡航準備に加えて必要なことが2つあります。

まず1つは、ハワイ州のWebサイト「Safe Travels Program」への登録です。渡航の24時間前までに事前登録を済ませ、その後、出発の24時間以内に渡航情報や健康状態に関して申請し、QRコード[*1]を取得することが必要になります。

2つ目が新型コロナウイルス感染症の陰性証明書と宣誓書の用意です。陰性証明書は日本を出発する72時間以内に受診して取得したものに限られ、宣誓書は事前にWebサイト上からダウンロードして印刷・記入をしておくことが必要となります。

「Safe Travels Program」や宣誓書の詳細についてはハワイ州観光局のWebサイトよりご確認ください。

なお、到着後は現地で10日間の自主隔離が義務付けられていますが、2020年11月より開始されている事前検査プログラムにより、ハワイ州保健局が指定する新型コロナウイルス感染症の陰性証明書を用意することで免除されます。

この陰性証明書は、日本を出発する72時間以内に、ハワイ州保健局に指定されている日本国内の医療機関で、厚生労働省により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査を行っていただくことで取得できます。

成田国際空港にある「日本医科大学 成田国際空港クリニック」も指定医療機関の1つです。ほかの指定医療機関についてはハワイ州観光局のWebサイトよりご確認いただけます。そのほか事前検査プログラムの詳細はこちらのPDFよりご確認ください。

そのほか忘れてはならないものが、マスクです。

2021年2月2日より米国連邦法に基づき、米国発着便をご利用の2歳以上のお客さまは、空港での搭乗手続き時とご降機時、飛行中の常時においてマスクの着用が義務付けられています。

マスクの着用を拒否されるとご搭乗をお断りする場合や米国連邦法に基づき罰則を科される場合があります。着用について以下のような条件や注意事項が挙げられています。

・鼻と口全体をカバーしてしっかりフィットするものを使用
・布製マスクの場合は、2層以上で通気性がありしっかりと織ってあること
・排気バルブや排気口がついているものや、メッシュ素材、レース素材のものは使用不可
・フェイスシールドはマスクと併用して使用可能だが、フェイスシールド単体をマスクの代用品として使用することは不可
・飲食時には一時的にマスクを外すことは可能だが、ご飲食が終わり次第、再度着用が必要
・スカーフ、スキーマスク、バンダナは代用としての使用は不可

詳しい情報は、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のWebサイト(英文)をご確認ください。

さらに各空港においても、マスクもしくは口・鼻を十分に覆うことができるフェイスマスクの着用が義務づけられています。各空港のホームページもご確認ください。


【日本出発時】成田国際空港がお願いしている感染症対策に沿って行動を

ZIPAIRが発着する成田国際空港では、館内の清掃強化や飛沫感染防止フィルムの設置といった取り組みをはじめ、ご利用いただくお客さまに向けて自宅での体調確認やマスクの着用のお願いなど、9つのポイントを挙げています。

詳細や最新情報につきましては、以下のリンクよりご確認ください。出発する前にこちらもチェックするようにしましょう。
成田国際空港:
https://www.narita-airport.jp/jp/news/prevent_corona
https://www.narita-airport.jp/jp/news/corona


【ハワイ到着時】QRコードなどの提示や検温

さて、ハワイへの入国についてですが、入国審査に関しては通常どおり行われます。普段と異なるのは、新型コロナウイルス検査デスクで、搭乗券と「Safe Travels Program」へ登録し取得したQRコード、陰性証明書を提示することです。

また、サーモグラフィーによる検温があり、体温が38度以上あった場合や発熱など新型コロナウイルス感染症の症状が見受けられた場合は検査が行われます。詳しいフローはこちらのPDFよりご覧ください。

準備や到着時の流れなど旅行のプロセスにおける詳しい情報は、ハワイ州観光局のWebサイトよりご確認くださいね。
ハワイ州観光局:
https://www.allhawaii.jp/covid19/prepare/

現地に到着したら、手洗い・うがいやマスクの着用など、ハワイ州観光局が掲げる4つの予防習慣を守りながら滞在を楽しみましょう!


【日本帰国前】PCR検査の受検が必要。書類の準備やQRコードの取得、アプリケーションのダウンロードも

日本においても新型コロナウイルス感染症の拡大状況を受けて、出発前のPCR検査が必須となるなど入国制限と検疫体制が強化されています。厚生労働省より通達されている以下の対応は入国前に済ませておかなければならない内容もあるので、それぞれしっかりと準備をして帰国しましょう。

■検査証明書の準備
滞在国の出国前72時間以内に受けた新型コロナウイルス検査の陰性証明書の提出が必要です。検査証明書は原則として使用する所定のフォーマットがあります。
厚生労働省「検査証明書の提示について」:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

■誓約書の準備
14日間におよぶ公共交通機関の不使用と自宅等での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等について誓約するものです。誓約書のフォームは厚生労働省のWebサイトよりダウンロードします。
厚生労働省「誓約書の提出について」:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00249.html

■スマートフォンの携行、必要なアプリの登録
誓約書の誓約事項を実施するため、位置情報を提示するために必要なアプリ等を利用できるスマートフォンを持つことが求められ、検疫手続きの際に確認されます。
厚生労働省「スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用について」:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00250.html

■質問票QRコードの取得
質問票WEBよりメールアドレスや電話番号等の連絡先、滞在歴や健康状態などを回答し、QRコードを作成。検疫時にそのQRコードを提示します。
厚生労働省「質問票の提出について」:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00251.html


【日本帰国時】検査の実施や空港からの移動制限、自宅待機

帰国時には、先ほどお伝えした書類を提示・提出に加え、全ての国からの帰国者に対して新型コロナウイルス感染症の検査を実施します。検査結果が出るまで、原則、空港内のスペースや検疫所が指定した施設等で待機することになり、時間がかかることも(帰国時の検査は日本政府の負担によって受けられるため、個人の負担になるのは日本出国時の検査と日本帰国前にハワイで受ける検査となります)。

そして、空港を出た後については厚生労働省から以下の対応が通達されています。

・検疫所長が指定する場所(自宅など)で入国(検体採取日)の次の日から起算して14 日間待機する滞在場所を確保すること
・到着する空港等から、その滞在場所まで公共交通機関を使用せずに移動する手段を確保すること
・入国後に待機する滞在場所と、空港等から移動する手段を検疫所に登録すること

“水際対策の抜本的強化に関するQ&A”. 厚生労働省. 2021-3-21. https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html#Q1-1, (参照 2021-5-25).

帰国時に受けた検査の結果が陰性でも、入国した次の日から起算して14日間は、自分で確保した滞在場所(自宅、ホテル等)で待機することが求められます。

そのほか詳しい情報は、厚生労働省のWebサイトよりご確認ください。
厚生労働省:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html#Q1-1


2021年5月25日現在、安全・安心なハワイへの渡航のために、以上が原則的な渡航ルールとなっています。状況は日々変わっていきますので、ご移動の際には出国・帰国前に最新情報を各Webサイトより必ず確認してくださいね。

ZIPAIRでは安心して渡航いただくために、ホノルル線限定でPCR検査のオプションなどをご用意しております。こちらの記事もチェックしてくださいね!

皆さんのハワイ旅行がお手伝いできるようになる日を楽しみにしております。


*1:QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

この記事が参加している募集

次回の投稿もお楽しみに!
フルサービスキャリアでも既存のLCCでもない「NEW BASIC」を目指すエアライン、ZIPAIR(ジップエア)の公式noteです。航空業界の常識に縛られない取り組みなどをお伝えしていきます。【ソーシャルメディア利用規約】https://bit.ly/3m8Ygn2