ZIPAIRTokyo

2020年に誕生したJALグループの新しいエアライン「ZIPAIR(ジップエア)」の公式noteです。航空業界の常識に縛られない挑戦の裏側などを発信していきます。【ソーシャルメディア利用規約】https://bit.ly/3m8Ygn2

<連載>自分史上最高の旅

スタッフが今まで旅をしてきたなか一番心に残る旅を紹介する連載です。ぜひ次の旅先の参考に。

  • 4本

人生で一度は絶対に見たい街並み、クロアチア・ドゥブロヴニク。~#自分史上最高の旅 #04~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 心に一番残っている旅をスタッフたちがおすすめのポイントと共に語る連載「自分史上最高の旅」。第4回は客室乗務員の前田夏紀さんです。 今回お届けするのはアドリア海の美しいリゾート地、クロアチア・ドゥブロヴニクの旅。前田さんが念願だったその街で心奪われたこととは? *** こんにちは。客室乗務員の前田夏紀です。 これまでの旅はどれも素敵なものでしたが「自分史上最高の旅」を選ぶとしたら、それは新型コロナウイルス感染症が流行する

スキ
17

自然のパワーを体いっぱいに感じたハワイ。~#自分史上最高の旅 #03~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 スタッフたちが、自分が訪れた場所のなかから皆さんにぜひ行ってみて欲しい旅先を紹介する連載「自分史上最高の旅」。第3回はOperation Support and Action Teamの小﨑雄介さんです。 今回は、言わずと知れた人気リゾート地・ハワイで雄大な自然を満喫した小﨑さんより、おすすめの楽しみ方やアクティビティをご紹介します! *** こんにちは。Operation Support and Action Team

スキ
22

ローカルな視点で楽しむカタール・ドーハ。~#自分史上最高の旅 #02~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 ZIPAIRスタッフたちが、心に残ったおすすめの旅先を紹介する連載「自分史上最高の旅」。第2回は客室乗務員の内山めぐみさんが、カタール・ドーハの魅力を語ります。 ドーハといえば、空港には各国のエアラインが乗り入れ、美しい海岸線や近未来的な高層ビルが印象深い中東の世界都市。この地に住んでいたこともある内山さんの視点でおすすめするスポットとは? *** Salam Alaykom! こんにちは。客室乗務員の内山めぐみです。

スキ
36

スペイン・バルセロナの美味しい街歩き。~#自分史上最高の旅 #01~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 大自然の絶景に感動したり自分自身の新たな一面に気づいたり、旅で何かを得るという経験は数々あると思いますが、自分のなかで特に心に残っているという旅が誰しもあるのではないでしょうか。 今回から始める連載「自分史上最高の旅」では、ZIPAIRスタッフたちが、旅をしてきたなかで最高だった旅先を、おすすめしたいポイントとともにご紹介! お客さまの旅をお手伝いするエアラインとして、企画を通じて今一度旅の楽しみを皆さんと分かち合いたいと思

スキ
39

安全安心への取り組み

安全安心なフライトを楽しんでいくただくために、日々の取り組みや安全への想いについてお伝えします。

  • 6本

お客さまに安心してご搭乗いただくために。ZIPAIRが取り組む機内の感染症対策について。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。2022年もどうぞよろしくお願いします! 以前、ZIPAIRの新型コロナウイルス感染症対策について「人と人との接点を極力減らすサービス」をキーワードにお伝えしました。 今回は、お客さまが過ごされる機内でどのような感染症対策をしているのか、機内サービス企画業務の責任者であるCabin Teamの飯田より詳しくご紹介します。 3つのポイントで取り組む機内の感染症対策。 皆さん、こんにちは。Cabin Teamの飯田です。 新型

スキ
24

確実な業務の積み重ねとコミュニケーションが安全運航につながる。ZIPAIRの整備体制と安全への思い。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 1便1便を安全に運航するうえで欠かせない仕事の1つとして挙げられる航空機の整備。 私たちはその航空機の整備業務と整備業務の管理をZIPAIRと同じJALグループであるJALエンジニアリングに委託しています。そのなかで、ZIPAIRはどのように安全運航に向けて取り組んでいるのでしょうか。 今回は、JALエンジニアリングと連携をとりながら整備を行うメンテナンスチームの梶山より、ZIPAIRの整備体制と安全への思いをお伝えします

スキ
29

飛行機が安全に飛べるように。数百万のパーツでできた機体を整備するうえで大切なこと。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 運航を技術的に支えている機体の整備は、大小さまざまなパーツで構成される機体を整備士が二重、三重のチェックをすることで皆さんと空の安全を守っています。 今回は整備を統括する取締役 兼 メンテナンスチーム責任者の鈴木正美に、点検・整備作業の内容や意識していることを聞きました。 プロフィール/鈴木正美 1993年JAL(日本航空)に整備職として入社。整備面における構造関係の現場を経験した後、ボーイング747-400の整備士資格を

スキ
39

ZIPAIRの考える新しい旅のスタイルについて(感染予防対策・後編)

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 前編に続き、取締役の深田康裕が、新型コロナウイルス感染症予防対策の具体的な取り組みについてお話しします。 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、新しい生活様式が模索されているなか、旅行においても3密回避や衛生対策といった新たなスタイルが求められています。 そこでZIPAIRが考えるキーワードは、“人と人との接点を極力減らすサービス”です。 *** プロフィール/深田康裕 1991年JAL(日本航空)に入社。経営企画室やシ

スキ
30

<連載>快適な旅づくりのコツ

スタッフが旅を快適にするために工夫していることや便利なアイテムなどをご紹介する連載です。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

  • 3本

旅先の散策やショッピングでも、おなじみのアイテムを活用。~#快適な旅づくりのコツ #03~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 連載企画「快適な旅づくりのコツ」では「フライトの間だけでなく、旅先でも存分に楽しんでいただくためのお手伝いをしたい」という想いで、旅慣れたZIPAIRスタッフたちが快適な旅にするための工夫やアイテムをご紹介しています。 第3回は客室乗務員の向さん。台湾出身者ならではの視点も盛り込みながら、散策や買い物をするにあたって役立つ3つのコツをお届けします! *** 皆さん、こんにちは! 客室乗務員の向禹丞(コウウジョウ、Hsia

スキ
72

旅先でも自分らしく楽しめるアイテムで、ホテル時間をくつろぎのひとときへ。~#快適な旅づくりのコツ #02~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 「皆さんに旅をもっと快適に楽しんでもらいたい」という想いから、ZIPAIRのスタッフたちが観光や宿泊をする時に工夫していることなどをご紹介していく連載企画「快適な旅づくりのコツ」。 第2回は、運航乗務員の村田義史さんです。仕事柄、宿泊する機会が多い村田さんがホテル時間を快適に過ごすために工夫していることとは? *** 皆さん、こんにちは! ボーイング787機長の村田です。 私は仕事では1泊3日、プライベートではそれ以上

スキ
63

ホテル選びや荷物の工夫で弾丸旅行を充実! ~#快適な旅づくりのコツ #01~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 今まで行ったことのない街を訪れたりリゾートで時間が経つのを忘れるぐらいくつろいだり、非日常感を満喫するのは旅の醍醐味ですよね。いつもと違う環境だからこそ少しの工夫で快適に過ごすことができれば、旅をより存分に楽しむことができると思いませんか? そこで「旅の一部を担うエアラインとして、フライトの先でも皆さんに快適に過ごしていただくお手伝いをしたい」という想いを込めてスタートするのが、新連載「快適な旅づくりのコツ」。 仕事で各地

スキ
38

<連載>空の仕事人

航空業界の仕事についてスタッフが想いとともに語る連載です。

  • 4本

徹底した“疲労管理”で安全運航に取り組む。~#空の仕事人 #04~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 スタッフたちが仕事への想いと共に自らの業務について紹介していく連載「空の仕事人」。第4回は、運航乗務員の小林正和さんです。 安全運航に関わる問題として航空業界で着目されている乗務員の“疲労管理”について、独自の方法で管理をしているという小林さん。生活の中でどのようにコントロールをしているのでしょうか。 *** こんにちは、運航乗務員の小林です。 私たち運航乗務員の仕事は、皆さんもよくご存じかと思いますが、飛行機を操縦し

スキ
50

パイロットとの懸け橋となり、運航体制を支える。~#空の仕事人 #03~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 スタッフたちがエアラインの仕事を紹介していく連載「空の仕事人」。第3回は、運航規程の作成、管理、空港のサポートなどを行うFlight Operation Support Team/Airport Teamの堀 雅弘さんです。 いうなれば運航という舞台装置の裏方スタッフのような存在。ZIPAIRの運航体制をどのようにサポートしているのでしょうか。 *** こんにちは。Flight Operation Support Tea

スキ
195

快適に使っていただくために。機内サービスや社内環境をデジタル面からサポート。~#空の仕事人 #02~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 スタッフたちが自らの仕事を紹介しながら、そこに懸ける想いを語る連載「空の仕事人」。 第2回は、客室乗務員の川上大志郎さんです。ZIPAIRの客室乗務員ならではの多岐にわたる働き方とともに、就航までとこれからへの想いをお話しします。 *** こんにちは。客室乗務員の川上です。ネームバッジはTAISHIROです。(ZIPAIRの客室乗務員はネームバッジの表記が自由となっており、苗字や名前のほか、日本人でJasmineなど外国

スキ
33

お客さまとスタッフが安全であるために、ZIPAIRの“安全文化”を築く。~#空の仕事人 #01~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 皆さんは、エアラインにはどんな仕事があると思いますか? これまでにもnoteでは客室乗務員や機内サービスの企画担当者などさまざまなスタッフが登場してきましたが、それ以外にもまだ多くの職種があり、一丸となって飛行機を飛ばしています。 「エアラインのこと、ZIPAIRのことを皆さんに少しでも知っていただきたい」という思いから、スタッフたちが自らの仕事を語る新連載をスタート!「空の仕事人」と題し、担当している業務の内容や、どんな想

スキ
200

<連載>スタッフストーリーズ

今の仕事に至るまでどのような道のりがあったのかを語る連載です。

  • 4本

「自分から行動しないと何も始まらない」。挑戦することで得た大きな学び。~#スタッフストーリーズ #04~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 スタッフたちが今に至るまでの出来事を振り返りながら、仕事への想いを語る連載企画「スタッフストーリーズ」。 第4回は客室乗務員の濵﨑康平さんのエピソードです。海外経験を経て学び、今も心に留めている最も大切な考えとは? *** こんにちは。客室乗務員の濵﨑です。普段は客室乗務員として働きながら、地上勤務ではマーケティングに関する部署への兼務をはじめ、そのほかのプロジェクトにも携わっております。 「やりたいことって何だろう?

スキ
75

「行動を起こせば、新しい発見はいくらでもできる」。自分に素直になって見えた次のステップ。~#スタッフストーリーズ #03~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 日々の仕事への想いとともに、現在に至るまでの道のりをスタッフ自身の言葉で語っていく連載企画「スタッフストーリーズ」。 第3回は、Operation Support and Action Team(以下OSAT)スケジューラーの伊藤由莉香さんのエピソードです。彼女が人生を考えるきっかけになった出来事とは? *** こんにちは。OSATスケジューラーの伊藤由莉香です。OSATとは乗員のスケジュール作成や運用、24時間体制のフ

スキ
58

「1度の人生で3人分の経験を」。夢を追いかけ教員から客室乗務員へ。~スタッフストーリーズ #02~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 さまざまなバックグラウンドを持つスタッフたちが過去を振り返り、仕事への想いを語る連載企画「スタッフストーリーズ」。 第2回は、教職を経て客室乗務員となった中島耕平さんのエピソードです。キャリアを変える決意をしたターニングポイントは? *** こんにちは。客室乗務員の中島です。私の幼い頃からの夢は、実は学校の先生になることでした。中学時代にお世話になった先生に憧れ、昔から好きだった英語を活かせる英語科の教員を目指し、学生時

スキ
46

「普通ってなんだろう?」。挑戦することの大切さに気付いたロンドン留学。~#スタッフストーリーズ #01~

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 2021年も、ZIPAIRについてさまざまなことをお伝えしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。 ZIPAIRのスタッフはバックグラウンドもさまざまですが、1人1人が自分の経験やアイデアを生かしながら「NEW BASIC AIRLINE」を目指し取り組んでいます。 今回スタートする「スタッフストーリーズ」は、そんなスタッフたちが今に至るまでを振り返り、仕事への想いなどを自らの言葉で発信するリレー形式の連載企画です。

スキ
77