マガジンのカバー画像

安全安心への取り組み

8
安全安心なフライトを楽しんでいくただくために、日々の取り組みや安全への想いについてお伝えします。
運営しているクリエイター

記事一覧

安全運航を支える人材を育てるために。客室乗務員に行っている訓練と安全への思い。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 1便1便を安全に運航するうえで欠かせない、日々の訓練…

ZIPAIRTokyo
2か月前

定時到着率95.04%、運航率99.64%を達成。チームワークでお客さまからお預かりした時間…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 2020年に就航したZIPAIRは、2021年度に定時到着率95.04…

ZIPAIRTokyo
7か月前

お客さまに安心してご搭乗いただくために。ZIPAIRが取り組む機内の感染症対策について…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。2022年もどうぞよろしくお願いします! 以前、ZIPAIRの…

ZIPAIRTokyo
8か月前

確実な業務の積み重ねとコミュニケーションが安全運航につながる。ZIPAIRの整備体制と…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 1便1便を安全に運航するうえで欠かせない仕事の1つとし…

ZIPAIRTokyo
1年前

飛行機が安全に飛べるように。数百万のパーツでできた機体を整備するうえで大切なこと…

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 運航を技術的に支えている機体の整備は、大小さまざま…

ZIPAIRTokyo
1年前

ZIPAIRの考える新しい旅のスタイルについて(感染予防対策・後編)

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 前編に続き、取締役の深田康裕が、新型コロナウイルス…

ZIPAIRTokyo
2年前

エアラインとして、どう向き合っていくのか(感染予防対策・前編)

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 今回お伝えするのは、ZIPAIRが取り組む新型コロナウイルス感染症に伴う予防対策です。 社会・経済活動の再開を受け、エアラインとしてお客さまとスタッフの安全・安心を確保するために、どんな予防対策を取り入れて身を守っていくのか。取締役の深田康裕からお話しします。 まずは、ZIPAIRが考える新型コロナウイルス感染症への向き合い方です。 *** プロフィール/深田康裕 1991年JAL(日本航空)に入社。経営企画室やシンガ

スキ
86

安全な空の旅とは、乗客の記憶に残らないこと。

こんにちは。ZIPAIR note編集部です。 今回は、ボーイング787-8型機の機長を務め、安全統括管…

ZIPAIRTokyo
2年前